© 2017 Kamokanzai inc. 

​賀茂神社

賀茂神社は、今から1350余年むかし、天智天皇の頃、日本で初めての国営の放牧場を建設された地に創建され、その当時より馬の守護神として、日本の馬の聖地として、信仰いただいております。

 

その永い馬との歴史の中で、近年お詣りになられる方々より、「賀茂神社は天より光が降り注いでいますね!」とか、「この神社にいっぱいの馬がやってきて、ここから天に飛び立っていますね!」、「ここは馬のにおいがしますね」、「ここの神社の木は、馬の肌を触っているようです」等々、いろんな現象に対するお話をされる方が多くお越しになられ、私どもにお話をされています。

日本の「気」が集まる当地にこそ、馬たちの魂が集まってくるのでしょう。

 

競馬に従事される皆様!乗馬クラブのご関係各位を始め、乗馬をされている皆様!

 

どうか、この1350余年の歴史の中で、命を全うしてきた馬たちの為に、「馬の聖地」として信仰される当社の境内に「馬の魂」が宿る宮、全国に類のない「馬」達の霊を慰め、「御馬神霊」としてお祀りし、その馬の神達を崇めまつる社の創建する為、全国のご関係各位の絶大なるご協力を切にお願い申し上げる次第であります。

 

馬も我々人間と同様に尊い命をもっています。

この馬たちの命を崇めることができるのも、我々人間であり、愛する馬たちが健康でいつづけるために見てあげることができるのも我々人間です。

 

馬に関係する皆様方にしか、馬たちの魂をお慰めすることはできません。

どうか、この日本の「馬の聖地」に馬たちの霊が神として宿るための神社の創建に、お力添えを宜しくお願いします。

賀茂管財は賀茂神社奉賛会による「御神馬の神社」の御創建を目的とした奉賛事業として「神馬の杜会」を立ち上げ、事業の一切をお手伝いするコンサルティング事業を執り行います。

さらに表示